たんぽぽ茶はノンカフェインで妊娠を望む男女や妊婦にもおすすめ

妊活にたんぽぽ茶をとりいれる方が増えているようです。不妊の原因の一つに生理不順があげられますが、たんぽぽ茶にはホルモンバランスを整える作用があり、生理周期を正常に戻すサポートをしてくれます。たんぽぽに含まれている成分は、ホルモン分泌をつかさどる脳下垂体に直接働きかけます。正常にホルモンが分泌されることで、生理不順が改善するのです。生理不順が改善すると、不妊につながる婦人科系のトラブルが改善されている可能性が高く、妊娠しやすくなるのです。

 

たんぽぽ茶の成分は、血行を促進して冷え性を改善してくれます。冷え性体質の人は、内臓全体、つまり子宮も冷えています。血流が悪く子宮が冷えていれば、当然、妊娠しづらい体になっているということです。冬の寒さはもちろん、夏はエアコンの効いた涼しいオフィスや家の中にいて、気温の高い外との温度差が大きいと自律神経が乱れます。現代のスタイルは冷え性を作り出しやすいのです。たんぽぽ茶を飲んで体の芯から冷えるような不快な症状がなくなったという人は少なくありません。根本から体質を改善することが、妊娠につながるのです。

 

妊活中に気になるのがカフェインです。カフェインは体を冷やしてしまうので、妊活中はできるだけカフェインの入った飲み物を避けた方が良いでしょう。また、妊婦さんがカフェインを大量に摂取すると、流産のリスクが高まるとも言われています。さらに、妊娠初期には赤ちゃんの脳など重要な器官に影響を及ぼし、発達障害などのリスクがあるという報告もあります。その点、たんぽぽ茶ならノンカフェインなので安心です。もちろん、男性にも無関係ではありません。たんぽぽ茶に含まれている成分は、男性のホルモン分泌を促し、精子数を増やして、動きを活発にするのに役立つのです。妊活中は、夫婦でたんぽぽ茶を飲むようにするといいですね。